開催案内:葉摘みからの藍の生葉染会

 

今年も順調に蓼藍が育っています。つきましては、藍の生葉染会を開催いたします。

●開催日時:下の日時にて1回完結で開催、雨天決行。
7月5日(火)11~16時
7月24日(日)13~17時
7月30日(土)13~17時
●開催場所:主宰者自宅
場所は大阪府八尾市の信貴山麓です。
近鉄信貴線服部川駅下車後、徒歩15分間、山を登ります。
車でのお越しも可。
●参加費:2000円
小学生以下の子供さんは1000円
●染める物:絹・綿・麻など、染めたい布類を幾つか準備ください。
*絹地に対する発色が鮮やかです。化繊には染まりません。
*既製品は糊付けや撥水加工されている場合がありますので、煮沸しておくと安心です。
*綿の手ぬぐいやハンカチ、絹の反物を当方にて用意しています。有料となりますが、当日にお渡しできます。
●持参物:染める物、水作業できる服装(長袖・長ズボン)、日よけ帽子、ハサミ、水分補給の飲み物、手拭き&汗拭きタオル、虫よけスプレー等。手が染まる事を気にされる方はゴム手袋も持参ください。
●お申込み:本ウェブサイトのコンタクトページよりお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下、これまでの藍染会の記録写真です。

上の写真は魚の皮を染めています。

親子参加歓迎です。







開催案内:ヨモギ石けんを作ります。

ヨモギの乾燥葉をオリーブオイルに浸け込んだ抽出油(インフューズドオイル)を使用して石けんを作ります。ヨモギに豊富に含まれるクロロフィル(葉緑素)は殺菌作用があるとされています。肌への負担が少ないコールドプロセス製法で優しい使い心地の石けんを作りましょう。
なお、主宰者自宅菜園で摘み取ったヨモギを使用します。排気ガスにさらされることなく、無農薬、自然の恵みを凝縮した石けんとなるはずです。

◎開催日 
5月  8日(日)→受付終了
5月29日(日)→受付終了
6月18日(土)→受付終了
*1回完結。各回、同内容です。

◎時間 14時~17時

◎参加費 
1)仕上がり石けん約  700g 4200円
2)仕上がり石けん約1400g 5600円
3)仕上がり石けん約2100g 7000円

◎ お申込み
本ウェブサイトのコンタクトページよりお願いします。
先着順にお受けいたします。

◎持参物
1リットルの牛乳パック(パック内は洗浄して解体せずに持参)、胸付きエプロン、中厚手のゴム手袋、 フェイスタオル2枚(手拭用と保温用) メガネもしくはサングラスなど目を保護するもの、筆記用具 、石けんを持ち帰るためのバック(牛乳パックが横置きで入るサイズ)
*仕上がりが1400gの場合は牛乳パックを2つ、2100gの場合は3つご用意ください。
*牛乳パックを準備しにくい場合は、当方よりお渡しする事も可能です。お申込みの際にお知らせください。

◎ 場所 徳永写真美術研究所の2階にて。
https://soap.tokunaga-photo.com/access/

香り付けオイル入荷と参加費改訂のお知らせ

この度、ふたつのお知らせがあります。

【お知らせ1】香り付けオイルの入荷
自分の手で石けんを作る上では、香り付けにはこだわりたいですね。先日、エッセンシャルオイルとフレグランスオイル、各13本、合計26本を新たに準備いたしました。次回の石けん作りより、ぜひ、ご活用ください!

=新規入荷リスト=

◎エッセンシャルオイル
ファーニードル
ゼラニウム
カユプテ
シダーウッド・ヒマラヤン
シトロネラ
コパイバ
ユーカリグローブルス
ヒバ
レモン
リツエアクベバ
パチュリ
ティーツリー
タイム

◎フレグランスオイル
バナナ
ベルガモット
グレープ
ラズベリー
マンゴー
ピーチマンゴートロピカル
ココナッツ
バニラ
チョコレートブラウニー
キャラメルカフェ
ヘーゼルナッツ
ジャスミンローズブルーム
ピンクシュガー・アクエリアス


【お知らせ2】参加費の改訂
石けん作りの基本となる各オイルが数年前より値上がり続ける状況を踏まえ、この度、参加費を改訂させていただくことにしました。

1)仕上がり石けん約  700g 4200円
2)仕上がり石けん約1400g 5600円
3)仕上がり石けん約2100g 7000円

私が主宰する石けん教室には体験が目的ではなく、日々のスキンケアに必須の石けんを求める皆さんが多く集ってくださいます。そのため、石けん量を減らしての価格維持ではなく、値上げの方向で考えました。何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

以上です。
Yoshie Tokunaga

 

 

*2022年の春は桜染実験*


時おり私がおこなう草木染は
自宅にある植物を用いる事を
決まり事としています。

これまでに
藍の生葉染と枇杷染に
取り組みましたが
今年は桜染に挑戦することに。

何といっても我が家には
大きな桜が3本もあるので。

 


・・・ということで
2022年3月後半は
桜染実験に取り組んでいました。

桜の花が咲く前の
枝を煮出して染料とするとの
情報を得てギリギリの
タイミングで実践。



桜の枝は鮮度が大切だそうで
枝を切り出すや否や細かく砕き



即、煮出しました。
1番目の煮出し液は使わず
2番液と3番液を用いて染液に。



染液のPHは8~9であることを確認。



実験として準備した布は
絹地2種、ガーゼ、綿のハンカチ
藍の生葉染した麻布



今回
色を定着させる媒染液には
ミョウバンを用いました。



染色結果は・・・

薄っすらとしたピンク色から
パンスト色、肌着色?
大きく括ると<桜色>と言えそうな
色調となり
まずは成功でしょうか?

しかし
目指す桜色に仕上げるには
微妙な調整が必要であることが
分かりました。



藍の生葉染した麻生地は
何とも言えない
奥ゆかしい色合いに。
この麻生地には
後日
更に枇杷染で鉄媒染を施し
黒味を入れて仕上げる予定。

複数の草木染を掛け合わせ
渾身の一点ものを
目指すのも良いかもしれない。



実験後
更にいろいろと調べてみると
<いつでもできる桜染め>
・・・という処方を発見!

時期を問わず出来る事が分かりました。
安定した結果が得られたら
皆さんにお声掛けしようと思います。
その日をご期待ください。

今年は
マリーゴールドの花びらで
黄色に染める実験もおこなう予定で
現在、花の苗を育成中です。

私は大学で染織を専攻していましたが
草木染は未知の世界。
どこまで出来るのかわかりませんが
自然豊かな環境に住んでいる利点を活かし
これからも
いろいろ挑戦したいと思っています。


Yoshie Tokunaga

開催案内:ギフトに活用・クレイ石けんを作ります。

 



今回は美容グレードのクレイ(泥)を練り込み色付けし、年末年始のギフトにご活用いただける石けんを目指します。(シンプルデザインもOK)

クレイ石けんの特性・・・
クレイには吸着力があるため、汚れ落ちが良い石けんとなります。シークレイ(海泥)、フレンチピンククレイ、フレンチグリーンクレイ、イエロークレイ、レッドクレイ・・・をご用意しております。

*ご友人と参加される場合は、異なるクレイを選びミックスする展開もあります。
*リピーターの方は、過去に作った石けんを今回の生地に含めても良いかと思います。

参考までに過去のクレイ石けん記事です。↓
https://soap.tokunaga-photo.com/2018/05/06/

開催日 
11月21日(日)受付終了
11月23日(火・祝)受付終了
12月19日(日)*残1席
*1回完結、いずれも同内容です。

時間 14時~17時

参加費 
1バッチ3800円
2バッチ5000円
3バッチ6200円
*1バッチ:オイルの総量500gで作る石けんの単位。
1バッチで約700gの石けんが仕上がります。

 お申込み
本ウェブサイトのコンタクトページより、参加日と石けんの分量(1~3バッチ)をお知らせください。先着順にお受けいたします。(毎回定員6名)

持参物
1リットルの牛乳パック(パック内は洗浄して解体せずに持参)、胸付きエプロン、中厚手のゴム手袋、 フェイスタオル2枚(手拭用と保温用) メガネもしくはサングラスなど目を保護するもの、筆記用具 、石けんを持ち帰るためのバック(牛乳パックが横置きで入るサイズ)
*2バッチの場合は牛乳パックを2つ、3バッチの場合は3つご用意ください。
*牛乳パックを準備しにくい場合は、当方よりお渡しする事も可能です。お申込みの際にお知らせください。

◎ 場所 徳永写真美術研究所の2階にて。
http://soap.tokunaga-photo.com/access/

********

下におこなったクレイ石けん作りの様子と仕上がった石けんをご紹介します。


開催案内:バナナ石けんを作ります。



秋におこなう石けん作りは、冬に活用する石けんを計画・・・
今回は石けん生地にペースト状にしたバナナを練り込み「バナナ石けん」を作ります。バナナの糖分により保湿力高めで、クリーミーな使い心地となります。
冬用・バナナ石けん作りをご一緒しませんか。ご参加、お待ちしております。

開催日 
9月 23日(木・祝)

時間 14時~17時

参加費 
1バッチ3800円
2バッチ5000円
3バッチ6200円
*1バッチ:オイルの総量500gで作る石けんの単位。
1バッチで約700gの石けんが仕上がります。

 お申込み
本ウェブサイトのコンタクトページより、参加日と石けんの分量(1~3バッチ)をお知らせください。先着順にお受けいたします。
*9月23日のバナナ石けん作りは満席となりました。
なお、3名以上のご希望があれば、リクエスト教室として別日程でお受けできますので、ご一報くださいませ。

持参物
1リットルの牛乳パック(パック内は洗浄して解体せずに持参)、胸付きエプロン、中厚手のゴム手袋、 フェイスタオル2枚(手拭用と保温用) メガネもしくはサングラスなど目を保護するもの、筆記用具 、石けんを持ち帰るためのバック(牛乳パックが横置きで入るサイズ)
*2バッチの場合は牛乳パックを2つ、3バッチの場合は3つご用意ください。
*牛乳パックを準備しにくい場合は、当方よりお渡しする事も可能です。お申込みの際にお知らせください。

◎ 場所 徳永写真美術研究所の2階にて。
http://soap.tokunaga-photo.com/access/

開催案内:ローズマリー石けんを作ります。

これまでにハーブ系の石けんとして、ラベンダー石けん、ヨモギ石けんを作ってきました。今回は、自宅庭にてローズマリーが大きく繁り、花を咲かせるようになったので【ローズマリー石けん】を作ろうと思い立ちました。既に葉をオリーブオイルに浸け込み、準備完了!香付けにローズマリーのエッセンシャルオイルも用意しました。インフューズドオイル(浸出油)とエッセンシャルオイル(精油)、ローズマリーのダブル使いで石けん作りをご一緒しませんか。ご参加、お待ちしております。

開催日 
4月  4日(日)
4月10日(土)
4月24日(土)
*1日完結、3回とも同じ内容です。

時間 14時~17時

参加費 
1バッチ3800円
2バッチ5000円
3バッチ6200円
*1バッチ:オイルの総量500gで作る石けんの単位。
1バッチで約700gの石けんが仕上がります。

 お申込み
本ウェブサイトのコンタクトページより、参加日と石けんの分量(1~3バッチ)をお知らせください。先着順にお受けいたします。

持参物
1リットルの牛乳パック(パック内は洗浄して解体せずに持参)、胸付きエプロン、中厚手のゴム手袋、 フェイスタオル2枚(手拭用と保温用) メガネもしくはサングラスなど目を保護するもの、筆記用具 、石けんを持ち帰るためのバック(牛乳パックが横置きで入るサイズ)
*2バッチの場合は牛乳パックを2つ、3バッチの場合は3つご用意ください。
*牛乳パックを準備しにくい場合は、当方よりお渡しする事も可能です。お申込みの際にお知らせください。

◎ 場所 徳永写真美術研究所の2階にて。
http://soap.tokunaga-photo.com/access/

愛溢れる石けんレポート:自宅持ち帰り後の処方


石けん作りの参加者・Miyukiちゃんから
レポート写真が届きました。

レポート内容は
石けん教室で作った石けんを
自宅に持ち帰ってからの処方について。

紙芝居形式になっています。

では、ご覧ください!






まずは一安心・・・



1週間後に
成形型(牛乳パック)から出し
石けんカットの儀をおこないます。

取り出し成功!!!
そして
手のひらにおさまるサイズでカット。
<注:本来は手袋着用ね。>
この段階で石けんに刻印して
オリジナル感アップ!!!
その後は
風通しの良い日陰で
待つこと3週間・・・

コールドプロセス製法での
石けん作りは1ケ月を要しますが
オイルの特性を活かした
優しい石けんが仕上がります!

以上
Myukiちゃんのレポートでした。

ご報告:はちみつ石けん


2020年最後は
冬用の石けん作りに取り組みました。

石けん生地に糖分を含めると
保湿力のある冬用石けんとして
仕上がります。

2年前は冬用として
ココア石けんを作りました。
ココア石けん報告記事
この日ははちみつを含めて
冬用石けんを作りました。
基本は白生地にはちみつ・・・
ですが
はちみつ色は?と連想すると黄色。
・・・ということで
急遽、レッドパームオイルを入れて
黄色の石けん生地とする展開に。
いつも参加くださる
デザイン石けんを目指す方は
家からマイカ(色粉)を持参し
スイーツ石けんを作られました。
美味しそう!!


最後に・・・
送っていただいた
はちみつ石けんの仕上がり写真を
ご紹介します。



以上
はちみつ石けん報告でした。

開催案内:はちみつ石けんを作ります。

はちみつをオリーブオイルベースの石けん生地に入れて、保湿力が高い石けんを作ります。寒い冬を過ごすための心温まるアイテムとしてご利用いただけるはずです。また、年始挨拶用にプライスレスなギフトとしても活用できるかと思います。よろしければ、ご参加ください。
なお、今回は薄いクリーム色の白生地が基本となりますが、これまでにご参加いただいた方は、石けんの切れ端ブロックをご持参いただけると上の写真のようなモザイク柄となります。当方でも端材石けんを用意しておりますので、ご希望に合わせて適宜、モザイク模様を作ることも可能です。

開催日 
12月6日(日)受付終了
12月19日(土)受付終了
*1回完結。各回、同内容です。

時間 14時~17時

参加費 
1バッチ3800円
2バッチ5000円
3バッチ6200円
*1バッチ:オイルの総量500gで作る石けんの単位。
1バッチで約700gの石けんが仕上がります。

お申込み
本ウェブサイトのコンタクトページより、参加日と石けんの分量(1~3バッチ)をお知らせください。先着順にお受けいたします。

持参物
1リットルの牛乳パック(パック内は洗浄して解体せずに持参)、胸付きエプロン、中厚手のゴム手袋、 フェイスタオル2枚(手拭用と保温用) メガネもしくはサングラスなど目を保護するもの、筆記用具 、石けんを持ち帰るためのバック(牛乳パックが横置きで入るサイズ)
*2バッチの場合は牛乳パックを2つ、3バッチの場合は3つご用意ください。
*牛乳パックを準備しにくい場合は、当方よりお渡しする事も可能です。お申込みの際にお知らせください。

◎ 場所 徳永写真美術研究所の2階にて。
http://soap.tokunaga-photo.com/access/